名詞関連】【助詞関連リスト】【形容詞関連】【発音関連】【接辞関連】【動詞関連】【待遇表現】【副詞関連】【文の構成
助動詞関連】【いろいろ(1)】【いろいろ(2)】【表記関連】【接続詞関連

助詞関連(22)
和 尚
日 本
211
1.ここ「に」置いておきます。
2.そのまま「に」しておいてください。     と言えるのに、

3.そのまま「に」置いておいてください。  と言うと変で、
4.そのまま置いておいてください。     と言えば、違和感ありません。

3、4が1、2と違うのが、説明できません。
説明していただきたく、よろしくお願いします。
助詞『に』は用法がたくさんあって、それを全て説明しようとすると、たいへんです。
辞書や文法書を読んでも、ぴったり当てはまるものが見つかるとは限りません。

助詞の用法としてより、以下のように考えてみてはどうでしょうか。
1.の『に』についてですが、私は『くっつきの”に”』と呼んでいます。
 離れていたものが、くっつくときに使います。

  *妹は明日横浜に行きます。   (妹と横浜)

  *私はその椅子に座りました。 (私と椅子)

  *ここに辞書を置いておきます。(ここと辞書)


次に、『そのまま』と『そのままに』の違いについて考えてみましょう。

 『そのまま』は、『ある動作をして次の動作に移るさま』を表します。

  *花瓶を持ってきて、そのままここに置いてください。

 『そのままに』は、『変化がないさま』を表します。

  *何もしないで、そのままにしてください。



戻る

トップぺージへ!