名詞関連】【助詞関連】【形容詞関連】【発音関連】【接辞関連】【動詞関連】【待遇表現】【副詞関連】【文の構成
助動詞関連】【いろいろ(1)】【いろいろ(2)】【表記関連】【接続詞関連

動詞関連(17)
日本語教育では、五段活用動詞をⅠグループ、一段活用動詞をⅡグループ、
『くる』『する』をⅢグループと呼ぶことがあります。
トル子
日 本
166
トルコに住んでいる日本人です。オンラインで会話中心の日本語を教えています。

次の例文はどちらが正解になりますか?
「また電気が(つけてある or ついている)。
部屋から出る時はこまめに消してね!」

後者の電気がついている、が正解だと思いましたが、
「電気は誰かがつけるものである、人の動作を意識した発言ではないか?」
と質問を受けました。その意見も納得がいくと思いました。

よろしくお願い申し上げます。
①「また電気がついている。」の方は、
 部屋の主がうっかり電気を消し忘れているのを注意しているんですね。
 ですから「部屋から出るときはこまめに消してね!」が自然に繋がります。

②「電気がつけてある。」の方は、部屋の主に電気をつけておこう
 という意志があってのことですから、
 「また電気がつけてある。部屋から出るときはこまめに消してね!」
 と言うと、電気が点けっぱなしになっていることを、この注意している人は怒っているように聞こえます。

もちろん、文脈によっては、色々な状況があるでしょうが、
『うっかりを注意している』と考える方が自然な会話になるでしょう。

エ リ
台 湾
日本語歴:10年
165
日本語の勉強はもう十年ほど続いています。

普段の会話はいいですけど、時々文法や言葉を間違っています。
質問みたいな基本的な文法は勉強したような感じだが、うまく説明できません。

さて、私の質問については「ている」と「ていた」の使い分けです。
例えば
 コロナのせいで、毎年最も期待している海外旅行は行けませんでした。
 コロナのせいで、毎年最も期待していた海外旅行は行けませんでした。

「している」を使うのは今も来年も期待しているの意味ですが、
今の状況は行けなくなるから期待することもなくなって、
だから「していた」って両方も考えていました。

どうか、ご意見を教えてください。
お示しの2文は、さらっと読むと同じ意味だと思う人もあるでしょう。
あえて違いは?というと、おっしゃる通りだと思います。
2文とも、間違い文ではないし、意味も分かります。でも、何かごつごつして、違和感があります。

エリさんのお気持ちと違ってしまうかもしれませんが、文そのものを書き直してみますね。

  例: 毎年海外旅行に行っていますが、コロナのせいで
       今年一番行きたかったところに行けませんでした。

    『最も期待した』ももちろんOKですが、会話文では少しかたいので、変えてみました。

もりたりさこ
日 本
164
言葉の使い方に疑問があり、困っていたところ当サイトを見つけました。

弛むの使い方についてお聞きしたいです。

弛むという言葉を調べた際に
疲れる、締まりがなくなるなどマイナスイメージのものが見られたのですが
プラスのイメージとして
気を緩める、心にゆとりを持つそんなニュアンスで"弛む"という言葉を使いたいです

「気をピンと張って千切れないように、心に弛みがうまれますように。」

この使い方はできないでしょうか?
こういうご質問は、日本語教師により国語の先生になさった方が、
的確な回答が得られるのではないかと思いますが、でも、私見をお話しますね。

私にとって『弛む』は、マイナスのイメージが強いです。
また「弛まず努力する。」といった使い方以外、使わない言葉です。
ですからお示しの例文には、違和感があります。

もうずっと以前のことですが、『美味しい』は女性言葉、『うまい』は男性言葉』だと、
多くの人が思っていた時代がありました。
ところが、美しいピアノ奏者の女性がテレビのコマーシャルで、カレーを一口食べて、「うまい!」
それがとても新鮮で、『美味しい』は女性言葉、『うまい』は男性言葉だという境界が
崩れてきたような気がしました。。

そんなものですから、ご自分のお考えで言葉を使ってみるのも良いかもしれません。

和 尚
日 本
163
日本語を教え始めて2年目の男性(日本人)です。

「て+いる」
・わからないことが、あります。(あるんです)
と言いたい場合、今も(継続して)分からないのであれば、
・わからないことが、あっています。➡て+いる
では駄目ですかと質問を受けました。

上手く返答できませんでした。宜しくお願いいたします。
『読む』『書く』『話す』などの『継続動詞のて形』+『いる』で、 『動作の進行/継続』を表します。
 ところが、『ある』は状態動詞ですので、『あっている』とはなりません。

日 本
162
週に一回プライベートで初級の生徒さんに教えています。

そこで、質問させていただきたいのですが、
嘘をつく という場合の 動詞つく は 他動詞でしょうか、自動詞でしょうか?

電気がつく 電気をつける の場合の つくは 自動詞だと理解しているのですが、
嘘をつく の場合は 私が嘘をつく とも言えますので他動詞だと思うのですが、
調べても答えが見つかりません。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
動詞『つく』には、いろいろな意味があります。

他動詞の例: 嘘を吐く。  餅を搗く。
自動詞の例: 電気が点く。  大阪に着く。  仕事に就く。

『つく』は、自動詞の場合も他動詞の場合もあります。


カナ子
日 本
161
私は、日本語の先生でもないし、日本語に関心を持っているというわけではありません。
平凡な生活を送っていますが、最近気になっていることがあります。

それは、テレビで最近耳にする『いじる』という言葉です。
関西のお笑い芸人の皆さんがよく使っているような気がしますが、
意味が分かるようで今一つ、すっきりしません。

こんな質問でも受けていただけますか?
はい。もちろんお受けしますが、私もあまりよく分からないのです。
私見ですが、『いじる』は『からかう』に近いのではないでしょうか。

『いじめる』だと、キツイ言い方になるので、『め』を抜いて『いじる』にすると、軽くなるのか・・・・。
または、『いじる』の本来の意味『指で弄ぶ』を少し変形させているのか・・・・。

『いじる』がどこから生まれたのか、私も分からないのです。
どこかの方言かもしれないですね。



戻る

トップぺージへ!