名詞関連】【助詞関連】【形容詞関連】【発音関連】【接辞関連】【動詞関連】【待遇表現】【副詞関連】【文の構成
助動詞関連】【いろいろ(1)】【いろいろ(2)】【表記関連】【接続詞関連

 いろいろー慣用表現(1)
郷古 達也
日 本
5
次の内、正しいのはどれですか? 出来れば理由も。

○○先生は、2012年秋の叙勲で、
a.「□△中綬章」受章の栄誉に浴された。
b.「□△中綬章」受賞の栄誉に浴された。
c.「□△中綬章」授章の栄誉に浴された。
d.「□△中綬章」授賞の栄誉に浴された。

個人的にはaが正しいと思います。
理由:本人が「□△中綬章」という「章」(賞ではなく)
を「受ける」という栄誉(恩恵)を得たから。
アップロードする場所が見つからないので、ここに入れます。

単なる日本語教師の範囲を超えた、特別の知識が必要なことかとも思いますが、
私見ということで回答させていただきます。
 
私も郷古さんと同じく『a』を選ぶだろうと思います。
理由も全く同じです。

日 本
4
「人を食ったような言動、etc」という表現がありますが、
この「人を食う」の語源はどこからきているのかご存知でしょうか?
いろいろ調べましたが、語源がのっていないので、
メールさせていただいたしだいです。
意味は人を馬鹿にする、といったものですが、
元になった出来事やなにかがあるとおもうのです。
日本人は言葉どおりに、人を食ったりはしないので、
何を元にしたのか、まったく見 当がつきません。
ご存知でしたら、よろしくお願いいたします。
江戸時代『食ふ』の意味の中に 『うっかり信じてだまされる』というのがあったようです。
でもこの場合は、自動詞のようです。詳しくは分かりません。
これが誤用されたのか他動詞として使われて、
慣用的用法として残ったのではないかと思います。

あくまで私の推測です。 実はよくわかりません。

鈴 子
香 港
日本語歴:4年
3
1. 「〜が早いか」についてですが、
接続用法は:“[動詞辞書形/た形]+が早いか ”になりますが、
いつ動詞の「辞書形」を使うのか、いつ動詞の「た形」を使うのか、
よく分りませんので、ぜひ教えていただきたいと思います…。
下記の例はどちらが正しいでしょうか?
A:
B:
C:
D:
選手たちはピストルの合図を聞くが早いか、一斉に走り出した。
選手たちはピストルの合図を聞いたが早いか、一斉に走り出した。
ベルが鳴るが早いか、生徒たちは教室を飛び出していった。
ベルが鳴ったが早いか、生徒たちは教室を飛び出していった。
2. 同じく、「〜そばから」の接続用法も
“[動詞辞書形/た形]+そばから ”になりますが、
いつ動詞の「辞書形」を使いますか、いつ動詞の「た形」を使いますか?
下記の例はどちらが正しいでしょうか?
E:
F:
G:
H:
庭をきれいに掃くそばから落ち葉が散ってくる。
庭をきれいに掃いたそばから落ち葉が散ってくる。
聞くそばから忘れてしまうなんて、我ながら情けない。
聞いたそばから忘れてしまうなんて、我ながら情けない。
『〜が早いか』『〜そばから』の『〜』には、『動詞辞書形』が来るのが本来の様に思います。
しかし、『〜そばから』の『〜』に『動詞た形』を使う人もあります。
この場合、『辞書形』を使っても『た形』を使っても、私は意味に違いを感じません。

韓 国
日本語歴:5年
2
次の文章の使い方、文法的な解析、意味を教えていただきます か?
外国語を学ぶのは、やる気さえあれば何歳からでもできる。
しかし、できれば若いう ちにやるに「こしたことはない」。
の中で「こしたことはない」のことです。
『〜にこしたことはない』は、『〜以上のことはない』という意味で、
つまり『〜が一番良い』という意味です。
実際には、
「〜が一番良いけれど、必ずしもそうでなくても良いですよ。」 という含みをもって使います。

HANADA
日 本
慣用語についておうかがいします。
「一石を投じるような」 という言葉がありますが、
さらなる発展を遂げるための一石となるような・・・
という ようにしたらおかしいでしょうか。
慣用語なので、一石を投じるような・・・にすべきだと
主張する人があるのですが。
そうですねぇ。
改めて考えると難しく思えてきます。
私は、『一石となるような』と使っても構わないと思います。
でも、意見が分かれるかも知れませんね。



トップぺージへ!