各国の言語事情リスト


韓国語について

Sin Jeong-hun
2003/1/17
現代の韓国語の表記
何十年前までは、ハングル(韓国の文字)を書くとき、 「" , . ? !」などを使いませんでした。単語の間に空白も ありませんでした。しかし、今は英語のようになりました。個人的には、空白を いれるようになってよかったと思っています。日本語を 読むとき、どこまでが一つの単語なのか困るときがあります。

「韓国の表記がいまは英語のようになりました。」という部分ですが、それは英語の影響で英語のようになったといったのではありません。というのは、英語が一番有名ですから英語に比べましたが、厳密に言えば、ヨーロッパの言語のようになったと言うほうが正しいですね。
1930年〜1940年までの韓国語の表記




















現在の韓国語の表記
ーーーーー→
ーーーーー→
ーーーーー→
ーーーーー→
しかし、韓国語が英語の影響を受けなかったと言うのではありません。現代になって、英語的な表現、日本語的な表現がたくさん浸透しています。

韓国語には反語法という表現があります。辞書によると、「表現の効果を高くするために、実際の反対の意味の言葉を言うのこと。」irony  例えば、こどもが悪いことをしたとき、「とても、よくやった。」というように、逆にいうことです。

もうひとつ説擬法という表現もあります。辞書によると、[文学]すぐ判断できる事実を疑問の形式で表現して相手に自分で判断させる修辞法。  例えば、こどもが悪いことをしたとき、「許せれると思うのか。」というように、実際の意味は疑問では なく、「許されない。」という意味ですが、態は疑問の形式を 取っている場合だと思います。

たとえば、「What kind of man can do that?」は、 「誰にそれができるのか。 」、実際その人の名前を聞くのではなく、「誰にも できない」という意味ですね。もちろん、同じ文章が状況に よって本当にその人の名前を聞く意味でも使えると思います。 会話ではイントネーションで分かりますが、文章では それはできませんね。韓国語では、そんなとき、実際の 疑問の意味には「?」をつけて、説疑の時には「.」を つけたりします。(もちろん、説疑の時も「?」をつけるひともいます。)



韓国語の日本語の語源
私は、韓国と日本語の語源について興味があって昔本を読んだりしました。その本では、日本語の語源が韓国語にあるという主張がありました。どの主張でも、いまでは証明できないと思います。タイムマシンでも発明される前には。インターネットで調べると、現代の日本語と高句麗の言葉と一致しているものがたくさんあります。その例を見れば、「日本語と韓国語は、語源が違うと証明された」というのは無理があると思うと思います。



韓国の漢字事情
日本の人に韓国の漢字の話をしたら、「え、韓国でも漢字を使いますか。」とか、「いまは韓国では漢字はつかわないでしょ?」とよく言われます。

韓国では、中学校、高校で、「漢文」という科目があって、古文とか、漢字を習います。「教育用漢字」というのが指定されていますので、中学、高校での漢文時間に習ったのを全部覚えていれば、その教育漢字の大部分は覚えることになります。しかし、現実では、漢字をあまり使わなく、見るときもありませんので、すぐ忘れます。

韓国語の単語の70%以上が漢字語だそうです。厳密に言えば、今の韓国語でも漢字をいっぱい使っていると言えます。新聞にはハングル(日本のひらがなと似ている役割をする韓国の表音文字)で書かれていますが、助詞以外はすべて漢字です。ハングルを読めない人のために例をひいて説明したいのですが、文字の関係でここでは割愛します。

韓国の地名も大体漢字で作られています。ソウル以外の全ての都市の名前が漢字語ですね。たとえば、プサンは釜山、デグは大丘。ただし、その地名が漢字で書かれているのを見る機会があまりありませんので、韓国人に漢字で書いてみなさいと言ったら、よくできないと思います。

私は日本語を勉強するとき、全然漢字語だと思わなかった韓国語の言葉が漢字語であることを発見するときがよくあります。例えば、yakkan(少し)は韓国固有の単語だと思っていますが、日本語の若干を見て、若干の韓国式の発音がyakkanだと分かりました。

面白いのは、日帝強占期(日本が韓国を支配したときを韓国ではこう呼びます。)に日本語とか、日本式英語の発音がたくさん韓国に浸透したことがあります。日本語の漢字の訓で表記したのを韓国では漢字の発音でよんで、そのままいままで使っていることがたくさんあります。

韓国では漢字教育を反対する単体があります。「ハングル学会」とかいくつもあります。何年前、政府が、ハングルで表記したとき発音が同じな漢字語に括弧をつけて漢字に併記しようとしたときも、その単体からの反発がありました。私個人的には、漢字語を漢字で書くのはともあれ、漢字語にまけて失った固有の韓国語を取り戻すのが優先だとおもいます。中世まで残っていた固有の単語が現代になって消えてしまったものがおおいです。

漢字で書かれていても、日本の固有の言葉が残っている場合と、ハングルで書かれていても、韓国の固有の言葉を失って漢字語である場合と、どちらが漢字に浸食されていると思いますか。

中世までは普通に使われていた固有の韓国の言葉が現代になって同じ意味の漢字語に一般化されて、固有語は卑語とか、俗語になっている場合もあります。

韓国人は日本が漢字をいっぱい使っていると思いますが、私はこう思います。本当に漢字に浸食されているのは日本語より韓国語ではないかと。


トップページへ